So-net無料ブログ作成

確かに [monologue]


“今はまだ”大丈夫なのかもしれない。野菜でも牛乳でもこの値で済んでいる内に食べてしまうのであれば。でも土地そのものはこれからも放射線を浴び続けてしまうのだから、今後汚染が何世代にも渡って少しずつ蓄積されることになってしまうのではないのだろうか?

政府や東京電力だけでなくIAEAまでさかんに健康には影響が無い、影響が無いと言い続けている。でもそれはあくまで現時点での話であって、これから先数年後とかに今浴びた放射線の影響が出てくるということは無いのだろうか?影響が無いという言葉を聞くたびに信じられない気持になってくる。目には見れない。聞くことも感じることもできない。気が付いた時は遅すぎる。だから怖い。

今がどういう状態であるのかを正確に伝えること。それももちろん重要だけど、今後どうなってしまうのかを考え、伝えることの方が実はもっと大切なんじゃないだろうか?



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。