So-net無料ブログ作成

世界140カ国からなら [monologue]


名乗りを上げた日本人もきっといるはず

僕も行けるものなら行ってみたいです

でも片道切符は・・・やっぱり嫌

目的がある時も、あての無い時も帰る場所があるからこそ度は楽しいし、

また旅をしたいと思うようになるのですから

応募した20万人の中でいったいどれだけ「本気」の人がいるのでしょう?

6,000億円もの資金が必要とのことですがこれだって集まるかどうか分かりませんし、

当初の予算を超えてしまうことだっておおいにありえます

実際に有人宇宙船を飛ばして人類初の火星移民になれたとしても

居住区域を一歩出ればそこは生命維持装置が無ければ生きていけない死の世界

行ってはみたいけどそこで一生を終えるのは耐えられないと思います

でも・・・

火星にも「宝石」はきっとあるはずだから(地球の兄弟星なので)

未発掘のダイヤモンド鉱山を発掘して「火星初の宝石商」になるのもいいかもしれないです

お客さんは・・・いるのかな?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。